HOME  >  大規模修繕工事とは?

サイトの使い方

マンション管理組合の方へ 大規模修繕工事でお困りですか?

企画

カンタン条件検索
地域を選ぶ
工事する建物を選ぶ
施工種別

大規模修繕工事とは

  • マンションは頑丈だから、メンテナンスなんて必要ないと思っている人がいるかもしれませんが、そんなことはありません。マンションの建物や設備には、時間の経過とともにさまざまな劣化や不具合が生じてきます。
    それらを最小限に抑え、機能や性能を適切に維持するために行われるのが修繕工事です。修繕工事自体は細かいものを含めると様々ありますが、その中でも特に足場をかけて行うものを大規模修繕工事と呼びます。
  • 大規模修繕工事とは""

大規模修繕工事の種類にはこんなものがあります。

大規模修繕工事とは""

    • 防水工事
    • 防水工事""
    • コンクリートやモルタルの浮きやひび割れなどの補修を行い、屋上、廊下、バルコニーなどの防水層を張り替えて、防水機能を回復できます。
    • 外壁修繕工事
    • 外壁修繕工事""
    • 外壁タイルのひび割れや浮き等の部分の張り直し。タイルや目地の保護の為のコーディング材塗装など。
    • 鉄部塗装工事
    • 鉄部塗装工事""
    • 建物の鉄製付帯設備に対して行い、耐久性向上を目的とします。
    • シーリング工事
    • シーリング工事""
    • 外壁の各階打ち継ぎ目地やサッシ枠回り等から水の侵入を防止するために充填されているシール材を打ち替える工事です。
    • 排水管や電気設備の修繕
    • 排水管や電気設備の修繕""
    • 電気や通信など、ライフラインの補修や取り替えを行います。
    • 舗装路の修繕や植栽改修
    • 舗装路の修繕や植栽改修""
    • 立体駐車場の塗装や敷地内道路のアスファルトの再舗装など。

舗装路の修繕や植栽改修""

  • マンション"""
  • 大規模修繕工事は、約10~15年に一度、定期的に行なう重要な工事です。
    マンションの痛みはある日突然現れるわけではなく、毎日少しずつ進んでいくものです。 日ごろから定期的に点検や修繕を行うことは管理組合の大切な仕事です。

大規模修繕工事はなぜ必要なの?

もしも大規模修繕工事を行わず、マンションの劣化や不具合を放置してしまうとどういうことが起こるでしょうか。

  • マンションの大規模修繕工事にはお金もかかるし、工事中は住民が不便を感じることもでてくる。
  • 劣化は時間とともに進行し、マンションの資産価値を下げる。
  • マンションの劣化や不具合を放置""
  • 資産価値が下がる""
  • そうして人が離れてしまえばマンションの価値はさらに下がり、ますます劣化や不具合も放置されるという悪循環が生まれる。
  • マンションで暮らす人々にとっても、見た目の劣化や設備の不具合は暮らしやすさを損なう原因になり、居心地の悪い場所になってしまう。
  • 劣化が進むと修繕に必要な費用も高くなってしまう""
  • ひび割れや漏水""

マンションの快適な居住環境の確保と、資産価値の維持・向上のために必要なメンテナンスが大規模修繕工事なのです。

自分たちの住むマンション、よりきれいで、より住みやすい場所であってほしいと思いませんか?
その場所に住んでいない人にすべてを預けて、実際に住んでいる人達が本当に満足できる結果になるでしょうか。
よくわからないからといって全てお任せでいるのではなく、自分たちの暮らす場所を、自分たちの手で住み良い場所にしようという意識を持って取り組んでみてはいかがでしょう。
私たち工事くんは、その「よくわからない」にお答えしながら、管理組合の皆様のお手伝いをさせていただきます。

マンション管理組合に関する特集記事""
このページのTOPへ