HOME  >  雨漏り

サイトの使い方

マンション管理組合の方へ 大規模修繕工事でお困りですか?

企画

カンタン条件検索
地域を選ぶ
工事する建物を選ぶ
施工種別

雨漏り

防水工事は、主にコンクリート製構造物の雨や水にさらされる部分(屋上、ベランダ、陸屋根など)から、水が構造物内部に染み込まないように防水層をつくる工事のことです。
建物に水が染み込むとコンクリートの強度低下、鉄骨の錆、漏水などを引き起こし、建物の安全性・快適性はもちろん、資産価値も大きく損ねることとなります。そのため定期的な防水層の点検や改修は重要であると言えます。

工事の種類

新築か改修か、また建物の形状や施工する箇所、既存の防水層の種類に応じて使い分けます。

アスファルト防水
加熱・溶融したアスファルトでルーフィングシートを何層にも重ね防水槽を形成する方法。一般的な耐用年数は20〜25年。
メリット
耐用年数が長い(一般的には20年以上)
耐久性、水密性・耐荷重性に優れる
デメリット
工程数が多く、大掛かりな設備が必要
熱と臭気、煙が発生する。
重量があるため、建物に負担がかかる
シート防水
塩ビやゴム製のシートを接着し防水層を形成する方法。一般的な耐用年数は10〜15年。

メリット
施工が容易なため、短工期で済む
素材そのものが伸縮するので、下地追従性が高い
デメリット
複雑な形状部分は施工が困難
下地の平滑さが必要
シートのため、継目ができてしまう
ウレタン防水
ウレタン防水材を機械式スプレーやローラーなどで塗布し、防水層を形成する方法。一般的な耐用年数は10〜15年。
メリット
複雑な形状でも施工が可能
継目がないため、見た目がきれい
デメリット
塗布の場合、施工時に天候の影響を受け易い
比較的衝撃に弱い

工事の注意点


  • アフターフォローが大切。
1.現場診断をきちんと受ける
既存防水層や状態が分からないと適切な提案を受けられません。また、正確な見積を算出するためにも現場診断は必要です。
2.アフターフォロー体制の説明を受ける
防水工事に限らずですが、施工不良があった場合の工事のやり直しや、定期的なチェックについて、着工前に確認しておきましょう。
このページのTOPへ