HOME  >  特集ページ

サイトの使い方

マンション管理組合の方へ 大規模修繕工事でお困りですか?

企画

カンタン条件検索
地域を選ぶ
工事する建物を選ぶ
施工種別

用語集

  用語 意味
アクリルシリコン樹脂塗料
(あくりるしりこんじゅしとりょう)
フッ素樹脂塗料とともに超耐候性塗料と称され、フッ素樹脂に非常に近い耐久性を持ちながらも、コストパフォーマンスの良さが評価されています。
足場(あしば) 工事を行なう場合の仮設作業床、従業員の通路などの目的で構成された木製足場、鋼製足場、枠組み足場などの仮設物です。その構成により本足場、一側足場、吊足場などの形式があります。
アスファルト防水
(あすふぁるとぼうすい)
アスファルトルーフィングやストレッチルーフィングを高熱で溶融しアスファルを塗布しながら数層張り重ねて施工して防水層とする工法で、熱工法ともいいます。
アフターサービス 大規模修繕工事においても、契約に基づいて、そのマンションの欠陥箇所の補修を無償で行うことになっており、この行為をアフターサービスといいます。管理組合としては、必ず契約当事者間の契約内容に取り入れることです。
アルカリ骨材反応
(あるかりこつざいはんのう)
コンクリート中のアルカリと骨材に含まれる成分が反応してコンクリートにひび割れなどが発生し、長期的に劣化する現象。
安全ネット(あんぜんねっと) 水平養生ネットとも呼ばれ、開口部や作業床端などで、作業者の墜落災害防止のために水平に張り使用します。
浮き(うき) タイルとモルタルの境界面、モルタルとコンクリート構造体の境界面、または、仕上げモルタルとコンクリート構造体の境界面の接着不良が原因となり、隙間が生じ、部分的に分離した状態です。剥離(はくり)ともいいます。
打継ぎ目地(うちつぎめじ) コンクリート打設作業において計画的に作業を中断するために生ずるコンクリート構造物の継ぎ目をいいます。打継ぎ目ともいいます。
打放し(うちっぱなし) コンクリートを打ち込んだままの面を仕上げ面とすること。無機質な感触が好まれ、商業ビルやマンション、個人住宅にまで広く取り入れられています。
上塗り(うわぬり) 塗装工事や防水工事などで、仕上げ面として最後に塗りつける層、または塗りつけることを上塗りといいます。
ウレタン防水(うれたんぼうすい) ポリウレタン系の防水材で、主に塗膜防水シート防水に用いられます。
エフロレッセンス ひび割れに雨水などが浸入してコンクリート内の水酸化石灰が、加水分解して水酸化カルシウムを発生させて、コンクリートの劣化を促進させる現象です。白色物質がコンクリートの亀裂部分やタイル張りの目地部分から外へ流れ出し結晶化しています。白華現象ともいいます。
エポキシ樹脂注入工法
(えぽきしじゅしちゅうにゅうこうほう)
モルタルやコンクリートの床、壁、天井など浮きや亀裂など部分に、エポキシ樹脂(接着剤や塗料に用いられる合成樹脂)を注入して補修する工法です。
汚染性(おせんせい) シーリング材の影響によって周辺の仕上げ材がなどが汚れることです。

このページのトップへ

  用語 意味
改修(かいしゅう) 劣化した建築物またはその部分の性能および機能を初期の水準以上に改善することをいいます。
改装(かいそう) 建物の外装、内装などの仕上げ部分を模様替えすることをいいます。
改造(かいぞう) 既存の建築物などの一部を変更することをいいます。
界面破壊(かいめんはかい) 接着破壊ともいい、接着面よりシーリング材が剥がれることをいいます。
被り厚さ(かぶりあつさ) 鉄筋コンクリート構造物において、鉄筋の表面からこれを覆うコンクリートの表面までの部分の厚さをいいます。建築基準法では、鉄筋コンクリート造について、建物の耐力を維持する上で主要な柱や梁は、そのかぶり厚さを表面から3cm以上と決められています。
既存不適格建築物(きぞんふてきかくけんちくぶつ) 既に建っている建築物か工事中の建築物で、建築基準法の規定の改正や都市計画法の指定の変更に全部または一部が適合していない建築物をいいます。
亀裂(きれつ) 材料が内部の応力、外部の衝撃または環境などの影響を受けて生じた割れをいいます。
躯体(くたい) 床や壁、梁など建物の構造を支える骨組み、構造体のことです。
クラック ひび、亀裂のことです。コンクリート表面に生じた小さなひび割れをヘアークラックといい、設計・施工上の欠陥によって躯体の内部から生じたひび割れを構造クラックといいます。
クレーン 工事用の材料などを動力を用いて吊り上げ、かつ、これを水平に運搬することを目的とする機械装置をいいます。大規模修繕工事では、仮設工事の足場を組み立てるときなどに使われます。
欠損(けっそん) タイルやモルタルが部分に欠けた状態です。原因は凍害、熱膨張、機械的原因(物が衝突するなど)などです。落下につながるので注意が必要です。
結露(けつろ) 空気中に含まれている水分が、建物の内部や壁面、窓ガラスなど冷たい物に触れて水滴となって付くことです。住宅内では冬期に、暖房器具によって水蒸気が出るため、北側の部屋や外壁に面した押入れの中に結露が起きやすいのです。結露は住宅を傷める原因ともなるので、室内の換気をよくして高湿度になるのを避けたり、断熱性能の高い壁材や窓を使うと効果的です。
建築基準法(けんちくきじゅんほう) この法律は、建築物の敷地、構造、設備および用途に関する最低の基準を定めて、国民の生命、健康および財産の保護を図り、もって公共の福祉の増進に資することも目的とする。(建築基準法〔目的〕第1条)建築に関する基本法です。
現場説明(げんばせつめい) 大規模修繕工事に参加希望の業者に対して、工事予定のマンションで見積の募集要項書や設計図書の内容を説明して、建物の劣化状況、現場状況や工事中の留意事項を確認してもらい、設計者と見積参加業者とで質疑応答をして、工事内容を明確にする作業をいいます。
ケレン 塗装面のサビやホコリや旧塗膜塗料など除去など下地調整することをいいます。
高圧洗浄(こうあつせんじょう) 排水管を清掃する方法で、高圧水をホース先端のノズルからジェット噴射により、管内に付着している汚物を剥離し排出する洗浄方法です。又、塗装工事においては塗り替え塗装の下地調整において、劣化膜の軽度のケレンや付着汚れの洗浄に応用されています。
硬化不良(こうかふりょう) 一定の時間が経過してもシーリング材が硬化しない現象。
更新(こうしん) 劣化した部材、部品や機器などを新しい物に取り替えることです。
コールドジョイント 先に打ち込まれたコンクリート上に、時間をおいて打ち込んだコンクリートとの間にできる打継ぎ面のことです。
コンクリート 一般に、セメントを結合材として水並びに骨材および混和材を適当な割合で調合し、練り混ぜたものをいいます。圧縮強度や耐久性、耐水性に優れていますが、乾燥により収縮するとひび割れが生じやすい欠点があります。
コンクリート押さえ(こんくりーとおさえ) 防水工事の仕上げの一つで、防水層を保護するために、防水層の上にコンクリートを打接することです。
ゴンドラ 枠組みしてある作業台をワイヤロープで屋上から吊り、上げ下げして作業する移動吊足場で、マンションの外壁工事やビル清掃などに用います。

このページのトップへ

  用語 意味
錆汚れ(さびよごれ) 腐食した鋼材の錆が流出して、仕上げ材またはコンクリートの表面に付着している状態です。
下地(したじ) 塗装を行おうとする面で、すでに塗膜が存在する面のことをいいます。
下地調整(したじちょうせい) 下地の乾燥、汚れ、付着物の除去、穴埋め、吸い込み止めやアルカリ止めなどのためにシーラーを塗るなど、施工に適するよう下地をあらかじめ整えることをいいます。
下地補修(したじほしゅう) 施工するに当たり、素地面の補修工事で、凹凸や亀裂、欠損、目違い、ピンホールや豆板などを削ったり、埋めたりする作業であります。
下塗り(したぬり) 塗装工事、防水工事などで上塗りの接着力を増し、または上塗りの補強として塗られる下地塗り材のことです。
ジャンカ コンクリート打設中に、コンクリートが行き届かずに、セメントペーストの足りないほとんど粗骨材だけの部分が集まって、コンクリートの空隙を作ることをいいます。
仕様書(しようしょ) 図面に表現できない事項をまとめた工事内容の詳細な指示書のことをいいます。材料の品質や性能、施工方法、部品や材料メーカーなどの指定をしたり、その保証の内容や検査方法などを記載したものです。
修繕(しゅうぜん) 劣化した建築物全体または、部材、部品あるいは機器などの性能および機能を現状あるいは実用上支障のない状態まで回復させることをいいます。
竣工(しゅんこう) 建物の全工事が完了した事です。
伸縮目地(しんしゅくめじ) 屋上やバルコニーなどの広い床の部分は、外気温や熱材によってコンクリートや防水層が伸縮し、これを押さえている表面のコンクリートやモルタル亀裂を生じさせます。これを防止するために、ある一定間隔ごとに目地を作って、膨張、伸縮を吸収して亀裂を防ぎます。この目地を伸縮目地といいます。
シート防水工法(しーとぼうすいこうほう) 合成ゴム系シート防水工法、塩化ビニール樹脂系シート防水工法およびポリオレフィン系シート防水工法の総称です。合成ゴム系、合成樹脂系、合成繊維などを主原料とした防水シートを、接着剤で下地コンクリートに接着し、繋ぎ合わせ防水層とする防水工法です。
シーラー 施工において下地の吸い込み防止、生地固め、あく止めの目的に使用される下塗り材で、旧下地と新しい塗料との密着性を高めます。
シーリング 外壁や開口部(窓・ドアなど)まわりの目地などの隙間に、風雨による雨水などの浸透を避けるために、防水を主な目的として充填されます。
シール材 ひび割れをシールする材料です。シールとは、密閉する、目塗りする、封ずるなどの意味があります。注入補修・改修工法では、注入した樹脂が漏れないために施しますが、気密、水密のためにひび割れをふさぐ場合もあります。
スラブ スラブ、もしくはスラブ厚は、コンクリート床の厚さを表します。一般的には、鉄筋コンクリート造の建築物の構造床を指し、梁や小梁と一体化して作られています。スラブ厚は15cm程度が一般的です。18~20cmと厚さが増すと仕上げ材にもよりますが、遮音性が高く、建物も堅牢になります。ただし、躯体の構造によって遮音性は異なります。
施工(せこう) 工事を実施することです。建築施工とは、設計された建物を形態化するに要する技術的および経済的な手段をいいます。
設計監理(せっけいかんり) 一般的には、設計者が設計意図を施工者に的確に伝達するために、施工図の検討と承認を行い、設計どうりに工事が行われているかを監督して、品質を確保する行為をいいます。工事管理ともいい、あくまで管理組合の立場にたって、工事が適正に施工されているかを確認する行為です。
設計図書(せっけいとしょ) 建物を建築するうえで、施工や法律的な出願、契約などに必要な図面や仕様書の総称です。具体的には、一般図、詳細図、構造図、設備設計図、外構図、仕上表、仕様書などからなります。
接着破壊(せっちゃくはかい) シーリング材を用いた目地部分で欠陥が生じた場合の破壊状態の一つで、被着体とシーリング材が分離した場合をいいます。界面破壊、界面剥離、剥離破壊とも呼びます。
ゼネコン 企画から設計・施工・監理までを行う総合建設業者のことです。
絶縁工法(ぜつえんこうほう) アスファルト防水層で用いられる工法である溶融アスファルトをプライマーを塗布した下地に、部分的に流して防水層をつくる工法です。
層間剥離(そうかんはくり) アスファルト防水層で、溶融アスファルトで張り付けたルーフィング類が、層間で剥がれて浮いている状態です。
素地(そじ) 塗装する金属、木部、コンクリートなどの面をさします。塗装工事以外では一般に下地といいます。
素地調整(そじちょうせい) 素地面を清掃し、塗装した塗膜の付着製、仕上がり性を良好にするために行う塗装の最初の工程です。

このページのトップへ

  用語 意味
耐火構造(たいかこうぞう) 壁、柱、床その他の建築物の主要構造部分のうち、耐火性能に関して建築基準法の定めに適合する鉄筋コンクリート造りがその代表例です。
耐久性(たいきゅうせい) 施工後、長期間にわたって、その性能を保持し続ける性質またはその程度をいいます。
耐候性(たいこうせい) 屋外で、日光、紫外線、雨などの自然条件を受けて、時間の経過に伴って起こる材料の物理的変化、化学的性質の劣化に対する抵抗性をいいます。
耐震診断(たいしんしんだん) 既存マンションの構造が地震力に対して、どの程度の耐震性があるのか、耐震性の調査および診断をすることをいいます。
打接(だせつ) コンクリートを型枠の中に流し込むことです。
脱気工法(だっきこうほう) 脱気筒工法ともいい、絶縁工法あるいは通気緩衝工法などで施工した防水層に、脱気筒などを取り付け、防水層と下地の間の空間部分を換気させる工法。
タッチアップ 塗膜の小さな傷など、その部分のみを補修することです。
弾性シーリング材
(だんせいしーりんぐざい)
一般にシリコーン、変成シリコーン、ポリサルファイド、ポリウレタンなどの液状ゴムをピヒクルとし、これを鉱物質充てん材をよく練り混ぜて製造したもので、相対変位の比較的大きい部材や部材間の隙間に充てんする不定形シーリング材をいいます。
断熱材(だんねつざい) 建物の外壁や屋根下地などに入れて、外からの熱を遮断したり、保温したりするのに使います。断熱材を使うと、冷暖房の効率を上げることができます。熱伝導率(熱を伝える性質)の小さい材料が適していて、グラスウール、ロックウール、発砲樹脂などが代表的な断熱材です。
中性化(ちゅうせいか) モルタルやコンクリートが、大気中の炭酸ガスによってコンクリートが本来もっているアルカリ性から中性になり、内部の鉄筋を腐食して建物の耐久性を弱めることです。
注入補修(ちゅうにゅうほしゅう) ひび割れ浮きなどによって生じた空隙に、樹脂などを注入して補修改修することです。
チョーキング 熱・紫外線・雨・風などにより塗膜が分解して、表面が次第に白い粉状になっていく塗膜の表層劣化です。白亜化現象ともいいます。
陳腐化(ちんぷか) 社会的・技術的情勢の変化によって、物の機能・性能などの相対的価値が低下することです。
通気緩衝工法
(つうきかんしょうこうほう)
塗膜防水で用いる工法で、下地に接着剤などで塗布して、溝付きのシートあるいは孔あきシートなどを張り付けて防水層の下に通気空間を確保する工法です。
鉄筋コンクリート
(てっきんこんくりーと・rc造)
コンクリートの中に鉄筋を組み入れたもので、引っ張る力に強い鉄筋と圧縮する力に強いコンクリートを補強します。優れた強度を発揮し、中高層建築で多く用いられます。
鉄骨鉄筋コンクリート
(てっこつてっきんこんくりーと・src造)
柱・梁など骨組みを鉄骨で組み、その周囲に鉄筋コンクリートをかぶせて一体構造にした建築工法です。強度に優れ、マンションなど高層建築に用いられます。
デベロッパー 都市開発や再開発、住宅地の造成・開発、建売住宅やマンション、別荘などの建設・分譲を行う開発者(会社)のことです。環境から交通、住宅まで計画的に街づくりをしたり大規模な住宅の分譲を行う企業体を指します。
都市計画法(としけいかくほう) 1968年に制定され、都市の健全な発展と秩序ある整備を図り、国土の均衡ある発展と公共の福祉の増進に寄与することを目的に、都市計画に関する基本的な法律です。同法で定めている主な事項は次の通りです。
  • (1)都市計画区域を定める際に、市街化区域と市街化調整区域に区分したり、用途地域や特別用途地区を指定すること
  • (2)都市計画の策定権限の都道府県知事や市町村への委譲と法的手続を定めること
  • (3)開発許可制度によって、都道府県知事等が一定の開発行為に許可を与えること
トップコート 仕上げ材として外壁面に色彩、光沢などを与えるために用いられます。二次的に耐候性、耐汚染性といった効果も得られ、アクリル、ポリウレタン、シリコン、フッ素などが一般的に使われています。又、防水層の保護塗料の意味にも用いられます。
塗布量(とふりょう) 一定面積に塗った直後の接着剤などの重量です。g/㎡またはkg/㎡で示します。
塗膜剥離(とまくはくり) 塗膜が付着力を失い、被塗膜面から離れる現象。
塗膜防水工法
(とまくぼうすいこうほう)
ウレタンゴム系塗膜防水工法、ゴムアスファルト系塗膜防水工法、アクリルゴム系塗膜防水工法およびfrp系塗膜防水工法などの総称です。ウレタンゴム系・ゴムアスファルト系・アクリルゴム系のアクリルゴム系防水材をコテやヘラ、ローラー刷毛、吹付機などを用いて、下地面に塗布、または吹付けしながら所定の厚さの連続した塗膜を形成する防水工法です。
トラップ 排水装置の各器具ごとに必ず設けられているのがトラップです。トラップ丁稚の目的は大きく2つに整理されます。 1つは、排水管や下水管、汚水タンク、排水タンクなどから発生してくる有毒ガスや臭気などを封水(たまり水)でシャットアウトしようというものです。 もう1つは、排水管に侵入した害虫やネズミが室内に出てくるのを封水で防止しようというものです。 また、このトラップを構造原理から分類すると、(1)サイフォン式水封トラップ(s形、p形、u形)と、(2)非サイフォン式水封トラップ(ドラム形、わん形)の2つに分けられます。
塗料(とりょう) 物体の表面に固着し、薄い連続被膜(塗装)を形成する、無体系の美装や保護を目的として使用される仕上げ材の総称。

このページのトップへ

  用語 意味
中塗り(なかぬり) 塗装工事で、下塗り上塗りの中間に塗りつける層、または塗ることをいい、上塗りのための下塗りで、平滑な下地を作ることや上塗り材の補強が目的です。
2液型接着剤
(にえきがたせっちゃくざい)
主剤と硬化剤に分かれており、配合比通り、正確に混合すると化学反応して硬化する接着剤です。

このページのトップへ

  用語 意味
爆裂(ばくれつ) コンクリートのひび割れなどから雨水が進入することで、鉄筋を覆っていたコンクリートの中性化が進行すると、鉄筋に錆が生じて膨張し、周囲のコンクリートを押し出すことにより剥落させ、鉄筋が表面に露出する状況に陥ることです。
ハツリ 表面を少しずつ砕いて削り取ること。コンクリートの表面をのみで削ったり、木材の表面をちょうなで削ります。
パラペット 建物の屋上の外周部に設けられた低い壁のことです。墜落防止、防水の役目もあります。
バリアフリー 障害者や高齢者が安全に生活できるように、障壁(バリア)となる部分を取り除いた状態をバリアフリーといいます。例えば、フローリングと敷居の段差をなくしたり、廊下や階段に十分な幅をもたせ手摺りを設置するなどです。
非破壊試験(ひはかいしけん) 物を破壊せずに、何らかの手段で強度などを測定(推定)する劣化診断を行う方法です。例えばコンクリートのひび割れの程度や、外壁のモルタルやタイルの浮きや剥離の打音調査、鉄部錆の状況等の触診を行い、主に表面的な不具合や劣化を検査・調査する場合に行われます。
ひび割れ(ひびわれ) コンクリート構造体の収縮に伴って生じるひび割れと、仕上げ面の収縮によるひび割れがあります。幅が0.2mm以下のひび割れは一般的に許容範囲とされています。ひび割れは、タイル、モルタルの剥離や落下の原因となり、人身事故の原因、建物自体の耐久性にも影響を与えることが有りますので注意する必要があります。
ピンホール 防水層あるいは使用する材料などに針で突いたような穴がある状態をいいます。
フッ素樹脂塗料
(ふっそじゅしとりょう)
主に建築物の金属系素地・セメント系素地に使用され、化学的安定性が高い炭素のフッ素結合を有する樹脂を使用した塗料で、1液形と2液形があります。
主な特徴
(1)抜群に優れた耐紫外線性をもち、光沢保持率もよいこと
(2)15年程度の耐久性が見込めること
(3)肉もち・光沢に優れ、比較的自由な配色ができることなどが挙げられます
ふくれ タイル張り層、仕上げモルタル層の浮きが進行し、ある面積が凸状に変形し、肉眼で確認が出来るようになった状態です。開口部の少ない大きな壁面などで発生しやすいです。
プライマー 錆止め、生地固め、付着性強化などの目的に使う<a href="#si04">下塗り</a>塗料です。
防水層の破損
(ぼうすいそうのはそん)
防水層が何らかの原因によって傷付いたり、破けたりしている状態です。
防水層の破断
(ぼうすいそうのはだん)
防水層が、下地の動き、保護層の動き、あるいはそのほか、何らかの影響を受けて切れている、あるいは、破れている状態です。
防水層のふくれ
(ぼうすいそうのふくれ)
下地の湿気や空気層の内包などによって、空気が膨張して防水層が膨れ上がっている状態をいいます。
補修(ほしゅう) 劣化した建築物の部分の性能や機能を実用上支障のない状態まで回復させることです。
ポップアット コンクリート内部の部分的な膨張圧によって、コンクリート表面の小さな部分が円錐形のくぼみ上に破壊された状態。
ポリウレタン樹脂塗料
(ぽりうれたんじゅしとりょう)
ポリウレタン樹脂塗料には、1液形と2液形があり、1液形は床用塗料として、2液形は、木部塗装では高級仕上げとして位置付けられています。
主な特徴
(1)光沢、肉もちがよい
(2)塗膜が強靭で付着性に優れている
(3)耐薬品性、耐水性に優れている
(4)耐候性がよい
(5)乾燥性に優れている

このページのトップへ

  用語 意味
丸投げ(まるなげ) 請け負った仕事を一括して下請けに出すことで、、建設業法では注文主の承諾を得ずにこれを行うことを禁止しています。
ムーブメント 建築物のジョイントなどに生ずる伸縮、ずれなどの動きをいいます。
目地(めじ) 2つまたはそれ以上の部材の接合部、もしくは隣接部材間の面空間をいいます。
メッシュシート 工事用シートの一つですが、通気性のない帆布製シートと異なり、通気性があり、風圧力を減少させる効果があります。
モルタル セメント、水及び細骨材、または混和材料を練り混ぜたものをいいます。

このページのトップへ

  用語 意味
養生(ようじょう) 施工中に出る粉塵などが床を汚したり、建物外に浮遊していくことを防止するため、シートなどで施工場所や施工階を覆うことです。また、施工終了後に汚れたり傷が付かないようシートなどで仕上げ面を覆ったりします。

このページのトップへ

  用語 意味
ラーメン構造(らーめんこうぞう) マンションの構造体や仕上げの部分の劣化の現象や程度に関して、観察・測定・試験などを行い、その結果を分析して、劣化の種類や程度を確認して劣化度を判定し、劣化の原因によって及ぼされる劣化現象を明らかにする診断です。
劣化(れっか) 紫外線や風雨などにさらされたときに、変色、ひび割れなどの物理的化学的症状が低下する状態をいいます。
劣化診断(れっかしんだん) シーリング材の影響によって周辺の仕上げ材がなどが汚れることです。
漏水(ろうすい) 雨漏り、水濡れともいいます。雨水が何らかの欠陥により建物内に進入することです。

このページのトップへ

このページのTOPへ